記事一覧

MING - 27.02 発表、27.01と共に限定数発売日決定、そして名機プゾー7001ベースのムーブを搭載した27シリーズは終了へ

MING - 27.02 発表、27.01と共に限定数発売日決定、そして名機プゾー7001ベースのムーブを搭載した27シリーズは終了へ



遅れ馳せながら明けましておめでとうございます。

昨年最後のブログも、本年最初のブログもMINGとなってしまった。。このブランドについては、私が個人的に気に入っており、何度か(何度も?)WMOで紹介した。あまり日本での評判が聞こえてこないが(-_-;)、今回も紹介させていただく。というのは、これは長年の時計好きたちによって設立されたブランドであり、彼らが欲しいと思った時計を作っている。筆者も保有することにより確認したが、普通以上にいい時計であり、さらにコストパフォーマンスは抜群。デザインに好き嫌いはあると思うが、個人的には斬新で秀逸だと思っている。一番最近のユニークなダイバー18.01 H41の拙レビューもお時間があれば参照されたい。

さて、彼らのウェブサイトで、ニュースレターを申し込んだ人にはすでにお知らせが行っていると思うが、昨年売り出した27.01の最後のバッチと、併せて新作27.02発売のニュースが発表された。興味がある人全員にお知らせが行っていて、一斉に発売するというのは、極めて公平である。ここまで透明度の高い販売方法で、手に入れた人に対して「ずるい」とは言えない。とは言え、一斉発売で、販売本数が少ないので、早い者勝ちになることは確かである。そこは、今年の運試し、というところだろうか。

まずは、大事な情報として、そのメールをもらっていない人のために販売スケジュールを以下に掲載しておく。購入はウェブサイトからのみ、である。当日は ming.watch でスタンバイしておくように。
全部で27.01が150本、27.02が200本となる。そして、すでにMINGの時計を買ったことがある人は3回チャンスがあり、初めての人でも2回チャンスがある(時差があるので時間を変えて2回チャンスを用意)、ということである。前からのサポーターを大事にする態度には好感が持てる。いまや「昔からのサポーター? そんなことは今年の売り上げと関係ない」、という態度をとる大手ブランドのことが頭をかすめるが、気のせいか。。とは言え、知る人ぞ知る名機ETAというかプゾー7001をベースにしたこの27シリーズがこれで終了というのはやや寂しい。いまや、7001をかき集めるのは至難の業だったそうだ。古いムーブであるからやむを得ない決断だろう。しかし、このムーブだけでも持っている価値は十分ある、と古い人間の私は思うのである。

税抜価格は、27.01は昨年と同じ3,950スイスフラン(約46万円)、27.02は4,950スイスフラン(約58万円)。コストパフォーマンスは抜群、というのは間違いない。

さらに、今回はその運命の日はこのブログ掲載日の翌日であり、じっくりと以下のリリース概要や写真を見て考える時間がある。前回は、いきなり当日の受付開始時間に情報解禁だったので、どうにもならなかった人が多かったと思うが、今回はじっくりと考えて、翌日の「早押し大会」に備えて欲しい。1つアドバイスだが、クレジットカード決済なので、そこで「不審使用自動停止」がかからないように、あらかじめクレジットカード会社に連絡してこの日にスイスフラン建てで、「Horlogerie MING Kuala Lumpur」でいくらいくらオンライン購入をする予定であることを伝えておくといいだろう。ここで購入プロセスが詰まるとおそらく間に合わないだろう、という老婆(老爺?)心であるが(単に、日本人にもファンが増えて欲しいという気持ちであるが、MINGのウェブサイトでもそのようなアドバイスがされている)。

コメント一覧