記事一覧

グランドセイコーからケース直径40.0mmの「44GS 現代デザイン」がレギュラーモデルとして初登場

グランドセイコーは、「ヘリテージコレクション 44GS 現代デザインモデル」の新たなレギュラーモデルを発表した。44GSの現行モデルでは最小となる直径40.0mmのケースを採用し、レギュラーモデルとして展開される。2022年9月9日(金)より発売開始予定だ。

グランドセイコーコピー ヘリテージコレクション SBGH279 9S85-00W0

型番 SBGH279 9S85-00W0
機械 自動巻き
材質名 ステンレス
ブレス・ストラップ ブレス
タイプ メンズ
カラー グレー
外装特徴 シースルーバック
ケースサイズ 40.0mm
ブレス内径 【測り方】 約19.5cm
防水性能【公称】 10気圧
機能 デイト表示
付属品【詳細】 内箱
外箱
ギャランティー
「燦然と輝くウォッチ」を目指してデザインされた「44GS」。
この「SBGH279」は、そのスタイルを現代的に解釈して生まれたケースを採用しています。
独特な平面を主体としたケースに、グランドセイコーではあまり見かけないグレー文字盤がクールな印象です。ムーブメントはより安定した精度を実現するハイビートムーブメント「9S85」を搭載しています。

44GSの本質をミドルサイズのケースで体現

グランドセイコースーパーコピー時計は、「ヘリテージコレクション 44GS 現代デザインモデル」の新作として、現代の44GSで最も小型径になる40.0mmケースを採用したモデルを発表した。オリジナルの雰囲気を色濃く残すミドルサイズのメカニカルウオッチで、レギュラーモデルとして登場するのは本作が初である。

“セイコースタイル”が際立つ、オーセンティックなデザインディテールが特徴だ。 このセイコースタイルとは、精度の最高峰を目指して誕生したグランドセイコーに、高級腕時計にふさわしい外観を与えるべく考案されたデザイン文法。この独自のスタイルは、1967年に発表した「44GS」にて確立されたものであり、本作にはそれが見事に反映されている。

オリジナルが持つディティールを継ぐように、放射模様を施したシルバーダイヤルや、同系色のストラップを採用。全体をグレートーンにまとめ、凛とした上品な印象に仕上げている。当時の面影を残すをボックス型の風防をはじめ、ケースに合わせたバランスの良い細い略字や針は、端正なダイヤルデザインを引き立たせている。

また搭載するのは、小型の手巻きムーブメント、キャリバー9S64。9S54の後継ムーブメントであり、パワーリザーブが約50時間から約72時間へと向上したことで、トルクが緩やかに減少していくため、より安定した精度と高い実用性を実現。受けを一体化してムーブメントを覆うことで、手巻ムーブメントならではの安定感と、一体感のある美しい外観に仕上がっている。

グランドセイコーのダイバーズウォッチは、その大きさに意味がある

時計の装着感に比べると、時計の大きさはほとんど意味がないと私は信じている。それには、重要なラグ間の寸法も含まれる。誤解を恐れずに言えば、直径や厚み、ラグ間といった数値は比較対象として有用だが、すべての時計のケースや手首の形状は異なるという単純な事実は、寸法表からは読み取ることができない(そのため、私にはノモス グラスヒュッテの40mm以下の時計よりも55mm径のGrand Seikoの方がしっくりとくるということが起こる)。

2022年新作 グランドセイコー偽物 9Fクオーツ SBGP011

品番:SBGP011
外装:ステンレス
ガラス材質:サファイア
コーティング:内面無反射コーティング
ケースサイズ:横 40mm × 厚さ 10.6mm
腕周り長さ(最長):203mm
中留:ワンプッシュ三つ折れ方式
ムーブメント:9F85
駆動方式:電池式クオーツ
精度:年差±10秒
機能
防水:日常生活用強化防水(10気圧)
耐磁:あり
重さ:148.0g

ということは、グランドセイコーのダイバーズウォッチは完璧なサイズだと公言している私は、大の偽善者ということだろうか。ある意味そうだ。もちろん、フィットしない人もいるが、グランドセイコーのダイバーズウォッチが一般的な時計消費者にとって大きすぎるというのは、単なる誤解だと思っている。

 では、今年の初めにWatches & Wondersで発表された43.8mm×13.8mmのSLGA015が、36mm×10mmのヴィンテージダイビングウォッチのように装着できるということを意味するだろうか。そんなことはない。しかし、なぜそうなるのだろう? グランドセイコーのダイバーズウォッチは、すべて完全に現代的なものなのだ。例えば、2000年代以前のグランドセイコーのダイバーズウォッチは存在しない。そのためグランドセイコーは、ケースの構造、そしてよく知られた「Grammar of Design」に関して、別次元でプレーすることができるのだ。

私が愛するSBGA413は、決してヴィンテージの44GSのようなダイバーズウォッチではない。覚えているだろうか。SBGA029のような初期のグランドセイコーのダイバーズウォッチは、グランドセイコー初のフラッグシップモデルとして、まったく新しい境地を切り開いたのだ。SBGA029のような時計が、やがてスプリングドライブ クロノグラフのチタンとセラミックのハイブリッドケースデザイン、そして最終的にはエボリューション9のケースフォーマットのような、より過激なプロファイルの先駆者となったことは、非常によくおわかりいただけると思う。

グランドセイコーがケースデザインのあらゆる側面を考慮せずにダイバーズウォッチを製造しているとお考えなら、それは間違いだ。SLGA015のケースは、グランドセイコーが現在製造しているほかのケースと同様に複雑であり、クリーンなライン、シャープなファセットを備え、精密なザラツ研磨が施されているのだ(グランドセイコーのダイバーズウォッチの設計原理についてもっと知りたい方は、コールが執筆したハイビートオートマチックSBGH255の飽和潜水体験をぜひ読んでみて欲しい)。

グランドセイコースーパーコピー時計は、ロレックスのサブマリーナーやオメガのシーマスター、ブランパンのフィフティ-ファゾムスのような成功例をダイバーズウォッチで再現しようとしているわけではない。アーカイブのヴィンテージ品に敬意を払う必要もなければ、時代遅れのデザインキューを見直す必要もないのだ。彼らは好きなようにダイバーズウォッチとスポーツウォッチのコレクションを開発・実験することができる。また、セイコーグループのなかでサイズを比較するにしても、最近のマリンマスターライン(セイコーの最高級ダイバーズウォッチ)は、グランドセイコーのほとんどのダイバーズウォッチと同じサイズだ。これらの時計の装着感に関する苦情はあまり聞かれない。

グランドセイコーの最新モデル(SLGA015)とロレックスのサブマリーナー(Ref.124060)のケースサイドを比較してみよう。グランドセイコーのケースは完全に角度をつけ、手首に向かってカーブしているのに対し、サブマリーナーの側面はほとんどが水平に残り、軽く下向きにアーチを描いているだけだ。参考までに、計測器の種類にもよるが、SLGA015はサブマリーナーに比べ、直径、厚さともに2.5mmから3mmほど大きい。上の写真のふたつの時計のケースバンドを見て、SLGA015のプロポーションは124060と同じような手首の感覚をもたらすと考えるのは、完全に合理的とは言えないのだろうか?

IWC ポルトギーゼ クロノグラフを買うなら知っておきたいこと

IWCスーパーコピー 時計は銘コレクションの多いブランドですが、とりわけポルトギーゼを愛するファン勢は少なくないでしょう。

事実、ポルトギーゼは「IWCで最も成功した」と言われているフラグシップであり、当店でも例年IWCのナンバーワン人気を誇るモデルです。

その成功の立役者として挙げられるのがポルトギーゼクロノグラフです。

さらに2019年末にはモデルチェンジが行われ、自社製ムーブメントCal.69355搭載の新型が登場。ますます注目度を集めていることは間違いありません。

この記事では、そんなポルトギーゼ クロノグラフについて徹底解説いたします。知れば知るほど好きになる、名作ウォッチの世界をお楽しみください。

IWC 2022新作 ポルトギーゼ・パーペチュアル・カレンダー・トゥールビヨン IW504504

ポルトギーゼ・パーペチュアル・カレンダー・トゥールビヨン
Ref:IW504504
ケース径:45.0mm
ケース厚:15.3mm
ケース素材:18K Armor Gold®
防水性:3気圧
ストラップ:ブルーカーフレザー
ムーブメント:自動巻き、Cal.51950、毎時19,800振動、日付・曜日・月・4桁西暦・永久ムーンフェイズ表示のパーペチュアルカレンダー、フライング・ミニッツ・トゥールビヨン、7日間(168時間)パワーリザーブ
仕様:シースルーバック

12時にトゥールビヨンを設定するために6時の月表示ディスクの先送りリングを切り抜き、そこにムーンフェイズを設置した「ポルトギーゼ・パーペチュアル・カレンダー・トゥールビヨン」。9時には曜日表示、8時に4桁表記の西暦、3時には日付と7日間(168時間)パワーリザーブが表示される自社ムーブメントの自動巻きCal.51950搭載。当キャリバーのトゥールビヨン・キャリッジは82個の部品で構成され、その重さはわずか0.635グラム。永久カレンダーは各月の日数の違いを自動的に判別するだけではなく、4年に1度、2月末日に1日を追加する機械式プログラムが設定されている。18K Armor Gold®ケースのブティック限定品とプラチナケースの2モデルが用意され、いずれも世界限定50本となる。

【関連記事】:女子力アップ 女の子のための「シンプル可愛い腕時計」

イコライザーを文字盤に表現したオーデマ ピゲの新モデル「ロイヤル オーク オフショア ミュージックエディション」

オーデマ ピゲは、ロイヤル オーク オフショア37ミリと43ミリの5 つの新モデルを発表した。チタンが2 モデル、ジェムセットの18 Kホワイトゴールドが2 モデル、ブラックセラミックが1 モデルだ。タペストリーダイヤルには、録音スタジオの機器の一つイコライザーのモチーフが表現されている。37 ミリには自動巻きムーブメント(時・分・秒表示)キャリバー5909 を搭載、43 ミリにはキャリバー4309 を搭載。マニュファクチュールが数年前から始めたミュージックシーンとの創造的な相互作用に満ちたコラボを祝うデザインの新モデルである。

オーデマピゲ ロイヤル オークコピー オフショア クロノグラフ26420SO.OO.A002CA.01

新デザインの43ミリモデル、ステンレススティールとブラックセラミックのケース。マニュファクチュールのフライバッククロノグラフ搭載、ハイエンドのブラック「メガタペストリー」ダイヤルと交換可能ラバーストラップ。

・ケース:
 ステンレススティールケース
 反射防止加工サファイアクリスタルガラス製風防とケースバック
 ブラックセラミックのベゼル
 プッシュピースとねじ込み式リューズ
 ステンレススティールのプッシュピースガード
・ケース幅:43 mm
・防水性:100 m
・ケースの厚さ:14.4 mm
・文字盤:
 「メガタペストリー」模様のブラックダイヤル
 ロジウムカラーのカウンターと外周ゾーン
 蓄光処理を施したホワイトゴールドのアプライドアワーマーカーとロイヤルオーク針
 ブラックのインナーベゼル
・ブレスレット:
 交換可能ブラックラバーストラップ
 ステンレススティールのAPピンバックル
 ブラウンカーフスキンストラップ付属

新しいロイヤル オーク オフショアはオーデマ ピゲと音楽の長い友情関係を祝したデザインを採用。イコライザーのモチーフの「タペストリー」ダイヤル、ジャックホールを思わせる溝入りのプロット、ミキサーのフェーダーを思わせるリューズガードが特徴である。自動巻きモデルで時・分・秒表示、6 時/12 時方向にカーブしたサファイアガラスを使い、幅広の面取りが多く見られる。ポップでカラフルなスタイルだが、頑丈でエレガント、洗練されたプレシャスな感覚が光る逸品だ。

「ロイヤル オーク オフショア ミュージックエディション」のチタン2 モデルは37 ミリと43 ミリがあり、手首のサイズの違う多くの方にお使いいただける。どちらもダイヤルはブルーの地にカラフルなイコライザーがトランスファー印刷され、暖かなコントラストを演出。ダイヤルには12 時位置にポリッシュ仕上げの ホワイトゴールドのAP モノグラム。18 Kホワイトゴールドの時と分のインデックス、針に蓄光処理が施され、コンサート会場など暗い場所でも読み取ることができる。

37 ミリのモデルは同サイズのロイヤル オーク オフショア クロノグラフのデザインを取り入れ、43 ミリと同様に幅広の面取りとカーブガラスを採用。デイト窓をなくしてゆったりとしたスペースにカラフルなイコライザーのモチーフが映える。ダイヤルの色に合わせた「モザイク加工」のブルーラバー交換可能ストラップを組み合わせた。2021 年に導入した交換可能ストラップシステムが、ロイヤル オーク オフショアコレクションの37 ミリモデルに使われるのは今回が初めてだ。同じく「モザイク加工」のターコイズブルー、イエロー、グリーンの3 本のラバーストラップが付属する。サファイアとチタンのケースバックには« Limited Edition of 500 Pieces »の文字をグレービング。この二つのリファレンスはどちらも自動巻きムーブメントをサファイアケースバックから見ることができる。

【関連記事】:ヴァンクリーフ 似てるブランド

感謝の気持ちを伝える!2022年父の日プレゼントにおすすめの腕時計3選

ビジネスマンにとって腕時計は欠かせないアイテムのひとつです。腕時計のメンズモデルはオシャレ以外にも、自身のステータスをしめすアイテムにもなります。

父の日 プレゼントの中でもオメガ腕時計は、実用的なので人気のアイテムです。今回は、腕時計のメンズモデルのなかからオススメのモデルをブランド別に紹介していきます。

1.オメガ コピー スピードマスター プロフェッショナルフロムザムーントゥマーズ 3577.50メンズ 手巻き ステンレス ブラック

タイプ 新品メンズ
型番 3577.50
機械 手巻き
材質名 ステンレス
文字盤色 ブラック
外装特徴 タキメーターベゼル
ケースサイズ 40.0mm
機能 クロノグラフ
付属品 内・外箱
ギャランティー

2.2022年新作 グランドセイコー 9Rスプリングドライブ SBGE257

品番:SBGE257
外装
外装 : ステンレス ベゼル部:セラミックス
ガラス材質 : デュアルカーブサファイア
コーティング : 内面無反射コーティング
ルミブライト : あり(針・インデックス)
ケースサイズ : 横 40.5mm × 厚さ 14.7mm
中留 : ワンプッシュ三つ折れ方式
ムーブメント
ムーブメント : 9R66 取扱説明書
駆動方式 : スプリングドライブ
駆動時間 : 最大巻上時約72時間(約3日間)持続
精度 : 平均月差±15秒(日差±1秒相当)
機能
防水 : 日常生活用強化防水(20気圧)
耐磁 : あり

3.リシャールミル時計スーパーコピー RM 11-03 フライバッククロノグラフ

RM11-03には、カーレースに因んだアイディアが満載です。チタン(グレード5)製リューズは、レーシングカーの車輪リムとタイヤ・トレッドからヒントを得たデザインです。ペダルのように溝を彫り込んだチタン(グレード5)製プッシャーは、F1ではチタンと同じように随所に見られる別の素材、NTPTカーボンで覆われています。
RM27-01ラファエル・ナダルで初めて披露されたこのケースのシルエットは、構造的な完成度も高まって、リシャールミル時計スーパーコピーのスポーツウォッチ・コレクションの際立つ特徴となり、その他のモデルとは見るからに異なります。

【関連記事】:マルニ かごバッグ 偽物 見分け方

この時計は、全体的に非常に満足のいく時計だと思う。

ムーンフェイズは、カレンダー情報そのものを表示するために不可欠なものではないが、パーペチュアルカレンダーに美しく、そして叙情的なアクセントを加えている。私はいつもムーン“フェイス”付きのムーンフェイズ機構を楽しんでいるが、ヴァシュロンが採用した滑らかな月は、ちょっと情報過多なダイヤルにある種の落ち着きを与えている。ムーンフェイズディスクは軽い質感で、エングレービングされた星座とハンドペイントの星で装飾されている。

2022年 ヴァシュロン・コンスタンタン新作 フィフティーシックス・コンプリートカレンダー 4000E/000R-B065

フィフティーシックス・コンプリートカレンダー
Ref:4000E/000R-B065
ケース径:40.0mm
ケース厚:11.6mm
ケース素材:18K(5N)ピンクゴールド
防水性:3気圧(約30m)
ストラップ:ブラウンのカーフスキンレザー、カーフスキンのライナー、ベージュのステッチ、18K(5N)ピンクゴールド製クラスプ、ポリッシュ仕上げの半マルタ十字
ムーブメント:自動巻き、Cal. 2460 QCL/1(自社開発・製造)、約40時間パワーリザーブ、毎時28,800振動、27石
仕様:時・分・センターセコンドによる秒表示、コンプリートカレンダー(日付、曜日、月)、高精度ムーンフェイズ、セピアブラウントーン文字盤(サンバースト仕上げ)、ジュネーブ・シール取得

エクストラフラット・パーペチュアルカレンダーは、新しいオーヴァーシーズコレクションのほかの時計と同様(2年ぶりだが、ヴァシュロンの息の長さを考えると、“新しい”という表現はまだ妥当だと思われる)、シンプルで実用的、そして安全なクイックチェンジ・ストラップシステムが採用されている。私はこのエクストラフラット・パーペチュアルカレンダーを、深いブルーの質感を持つラバーストラップとゴールドのフォールディングバックルで装着してみたが、非常に快適な装着感であることが判明した。オーヴァーシーズ・エクストラフラット・パーペチュアルカレンダーは、歴史に彩られた複雑機構を惜しげもなく搭載しながらも、驚くほど使いやすい日常使いの時計に仕上がっているのだ。

この時計は、全体的に非常に満足のいく時計だと思う。ラバーストラップ、クイックチェンジ・ストラップ、夜光の針とインデックス(これは日常使いの時計にふさわしいものだ)など、ある面では非常にコンテンポラリーなデザインとなっている。しかし、この時計はパーペチュアルカレンダー機構という由緒ある技術と、それに付随するムーブメントの仕上げに深い関わりを持っているのである。パーペチュアルカレンダー機構がダイヤルの下に隠されていることも魅力のひとつだが、完全に伝統的な機構を踏襲していることが、この時計の魅力になっている。

時計愛好家にとって、ハイエンドとローエンドのものでは雲泥の差がある趣味に興じるあらゆる分野の愛好家にとっても、評価するために必ずしも所有することは必要ではない。このような時計づくりがクォーツ危機を乗り越え、今日まで続いているという事実こそが、我々の心を動かすのである。

【関連記事】:では2022年春夏は、どんなバッグが流行るのでしょうか?

ゼニスの最新ラグジュアリースポーツウォッチ「デファイ スカイライン」をチェック!

ゼニスの最新ラグジュアリースポーツウォッチ「デファイ スカイライン」をチェック!Airゼニスの2022年新作「クロノマスタースポーツ」は、アップルウォッチ できること大変好評で去年のブレイクから人気モデルとして、ゼニスのアイコンウォッチになりました。「クロノマスター」自体は、以前よりラインナップはありましたが、3色文字盤・ポンプ型のプッシュボタン・スチール製ブレスレット×セラミック製のブラックベゼルなど、過去のクロノマスターの要素を現代的な41mmケースに組み込み、よりスポーティなデザインとして発表されたものが「クロノマスタースポーツ」シリーズになります。


モデル名:クロノマスタースポーツRef:03.3100.3600/69.M3100定価:¥1,276,000(税込)直径:41 mm防水:10気圧(100m)文字盤:ホワイトマット仕上げに3色カウンター時計好きな方なら一度は「エルプリメロ」という言葉を耳にした事があるでしょうか。簡単に説明すると、エルプリメロとはゼニスが1969年に発表した「世界で初の自動巻クロノグラフムーブメント」です。開発から50年以上も受け継がれている名機になります。また、毎時3万6000回という高速振動が特徴で、50時間を超えるパワーリザーブを備えており、腕時計業界屈指の性能を誇るムーブメントとして知られます。このクロノマスタースポーツには、ゼニスが2019年に発表したエルプリメロの最新型「エルプリメロ3600」が搭載されています。これまでなかった1/10秒計測が行えるクロノグラフ機能に加え、パワーリザーブが60時間以上へとグレードアップしています。さて、そんなゼニスが今年の5月、新たなコレクション「デファイ スカイライン」を発表しました。モデル名:デファイ スカイラインRef:03.9300.3620/51.I001定価:¥968,000(税込)直径:41mm防水:10気圧(100m)文字盤:サンレイ装飾を施したブルー文字盤重厚感のあるブレスレットや、独特でスタイリッシュな文字盤、多角形のベゼルなどが目を惹きますね。まさに「ラグジュアリースポーツウォッチ」と呼ぶにぴったりなデザインですが、他にどんな特徴を持つ時計なのでしょうか。まず着目すべきは"クロノグラフではない"という事でしょう。ゼニス エリート クラシック Ref:03.3100.670/02.C922通常、ゼニスの上記のような3針モデルには、自社製の「エリート」というムーブメントが搭載されていますが、同じ3針でも新作のデファイ スカイラインは「エリート」ではなく「エルプリメロ」を搭載しています。エルプリメロ3620正確には、先述した「エルプリメロ3600」をアレンジした「エルプリメロ3620」というムーブメントです。そして、ダイヤルの9時位置にセットされたスモールセコンドの秒針は、10秒で1周するというユーモアな特徴を持ちます。一般的に1分で1周する秒針と比べてみると、その高速回転するスモールセコンドの疾走感や迫力には圧倒されます。また、高速で回転してるがゆえに揺動にも強く、なおかつ毎時3万6000回の振動数は保ったままという見掛け倒しではない機能を備えています。まさに従来にはないオリジナルのスポーツウォッチに仕上がっている印象を受けます。さらに、この「デファイ スカイライン」は1969年に発売された3針モデルである初代の「デファイ」を現代的にアップデートする形で登場しています。もともと、クロノグラフであるエルプリメロを3針向けで新たに展開したのは、3針のルーツである「デファイ」と、50年の時を経て進化した「エルプリメロ」を現代に融合したモデルを広める狙いなのではないかと思います。また、画像にはございませんが「クイックストラップチェンジ機構」によって、ブレスレットを簡単に着脱する事ができます。付属するラバーストラップに付け替えることで、よりスポーティさが増すだけではなく、工具を使わずに交換することができる実用性はかなり便利だと言えるでしょう。替えのストラップは、時計のモデルによっては別売りだったりしますが、「デファイ スカイライン」にはもともとラバーストラップが付属しているモデルになるので、そこも大変ありがたいですね。ゼニスのオフィシャルムービーをご覧頂くとお分かりかも知れませんが、幅広いライフスタイルへの対応はもちろん、男女兼用で着用できるといった汎用性の高さもある点は、大きな魅力だと言えるでしょう。デファイ スカイライン(全3色)カラーリングを変えてのペアウォッチなど、昔から変わらない楽しみ方もありますよね。さらに、驚くべきはその価格。ラグジュアリースポーツウォッチの代表的な定番モデルに、オーデマピゲのロイヤルオークやパテックフィリップのノーチラスなどがありますが、これらは定価でも数百万、二次流通では数千万円にもなる超高額帯です。その事を踏まえ、「定価100万円以下で買える最新のラグジュアリースポーツウォッチ」という観点から考えると、もはや安いのではないかとも思えてきます。『まとめ』今回は、価格以上の満足感が味わえる旬なモデル「デファイ スカイライン」をピックアップしてみましたが、いかがでしたか?もしかすると、近年急激に相場が高騰したラグジュアリースポーツウォッチの影響もあって、今後入手困難になってしまうモデルかもしれません。気になる方は是非、要チェックです。それでは、また。
[送料無料] ウブロ 時計 コピー ビッグ バン スティール バケットダイヤモンド 2色 hul48495
https://www.ankopi.com/Uploads/202109/614d7198dae49.jpg />
ウブロ 時計 コピー ビッグ バン スティール バケットダイヤモンド
サイズ:メンズ
ケース径:38 mm
ムーブメント:自動巻き
防水性能:100m防水
風防:サファイアクリスタル風防
仕様:クロノグラフ 日付表示
ケース素材:ステンレススチール
ベルト素材:ラバー
ベルトタイプ:ストラップ
文字盤タイプ:なし

※カラー:写真どおり(実物撮影)
※レベル: 1対1(N級品)
※付属品:保存袋
※写真を見れば分かる高品質!それに実物は写真よりよほどいい!
※手頃の価値でいい商品が手に入れる!!

ご自分用にも、大切な人への贈り物にもいかがでしょうか。 (^-^)



☆超人気☆ヴァシュロンコンスタンタン マルタ クロノグラフ vak76829
https://www.ankopi.com/Uploads/202112/61cc1572ca7be.jpg />
ヴァシュロンコンスタンタン マルタ クロノグラフ

詳細情報
カテゴリ:ヴァシュロンコンスタンタン マルタ(新品
機械:手巻き
ブレス ストラップ:ストラップ
タイプ:メンズ
外装特徴:シースルーバック
ケースサイズ:41mm※カラー:写真どおり(実物撮影)
※レベル: 1対1(N級品)
※付属品:保存袋
※写真を見れば分かる高品質!それに実物は写真よりよほどいい!
※手頃の価値でいい商品が手に入れる!!


【関連記事】:一番信用スーパーコピーブランド 届かない

パルミジャーニ・フルリエが考えるデイリーウォッチ

これまでパルミジャーニ・フルリエが手がけてきた腕時計の多くは、エレガントなスタイルと高い性能を追求したドレスウォッチでした。それらは、マニュファクチュールの技術と、時計師ミシェル・パルミジャーニの才能と上質へのこだわりが生み出した結晶です。この度誕生したラインは、これまでにないアクティブな表情を湛えながらも、この結晶は輝き続けます。『トンダ GT』は、身に着ける人の日常のあらゆる場面に寄り添うようにデザインされた、デイリーユースの時計です。



タグ・ホイヤー コネクテッド
Ref:SBG8A80.BT6221
ケース径:45.0mm
ケース厚さ:13.5mm
ケース素材:チタン(サンドブラスト加工)
防水性:50m(5気圧)
ストラップ:ブラックラバー、インターチェンジャブルストラップ
仕様:サファイアクリスタル風防、セラミックベゼル、オールアクティブおよびフラッシュOLEDタッチスクリーン

『トンダ GT』ラインから最初に登場するモデルは、サテン仕上げのステンレススティールまたは18K ローズゴールドと、ラバーストラップまたはブレスレットの組み合わせの三通り。
いずれも、黄金比に則ったデザインと、パルミジャーニ・フルリエならではの二面性、伝統的および先進的なウォッチメイキングの専門知識を体現しています。ケースの形状は、2017 年ジュネーブグランプリのクロノグラフ部門賞を受賞したトンダ クロノールを継承。


そして、全体のデザインには、デザイナーのディノ・モドロ氏を起用しました。タグホイヤー 時計 レディースこのコラボレーションでは、トンダのデザインコードを再編し、ラグをアップデートし、人間工学に基づいて設計された一体型ブレスレットを備えたケースを実現。溝が切り込まれたベゼルは、ケースに深みを与え、マニュファクチュールの職人の高度な技術を表します。

「ロレックス」にグリーンを取り入れた新モデルが登場

1961年に誕生した画期的防水時計「ロレックス」から時を経て2019年に発表されたのが初のスケルトンモデル「デルフィン メカノ オートマティック」だ。グリーンをアクセントカラーにした新デザインが追加された。

 特許を取得する世界初の防水機構「ロレックス」を備えた腕時計として、約60年前に登場した「デルフィン」。ロレックス腕時計ラクマ腕時計としての実用性、デザインの美しさの両面において、品質を追求したモデルが「デルフィン メカノ オートマティック」だ。防水機構や伝統的な意匠などのエドックスのレガシーを継承しながら、よりモダンなテイストを加えている。


ブランドのエンブレムである砂時計をモチーフに、オープンワークを施したモダンなスケルトンだ。ムーブメントのテンプやガンギ車・アンクル・香箱・日の裏車など、精巧なメカニズムの動きを目で見て楽しむことができるのが、スケルトンウォッチの醍醐味である。

 ベゼルは12角形で、ダイナミックな印象を与えるベゼル上のビスは、1973年発表のアーカイブピースから踏襲したものだ。モダンな印象のスケルトンウォッチに伝統的な意匠を組み合わせることにより、スポーティーながら品格が漂うデザインに仕上げている。エドックス独自のユニークな視点から開発に至った特許取得の防水機構や、堅牢なケース構造を受け継ぐと同時に、デザイン面も継承しているヘリテージコレクションだ。



ロレックス オイスター パーペチュアル 39 メンズ シルバー 全面ダイヤ
仕様:3針
ケース径:39mm
風防:サファイアクリスタル風防
防水性能:100m防水
ムーブメント
キャリバー:自動巻
ベルトタイプ:ブレス
保証:当店オリジナル保証3年

グリーンをアクセントカラーにした今回の新モデルが加わったことにより、選択肢がより豊かになった。ベーシックなステンレススティールのケースにはヘアライン加工がされ、ステンレススティールにブラックPVDコーティングを施したベゼルに、ビビッドなグリーンカラーの針やインデックス、フランジ部分を組み合わせ、こなれ感がありながら普段使いもしやすいカラーリングとなっている。

『創業175周年記念モデルはの限定新作」と予告!!

ベールを脱いだ新作「タイムゾーン」の話を訊くことが主な理由であったが、その取材中に、A.ランゲ&ゾーネ創業175周年記念モデルの発売に関する発言がもたらされるという僥倖があり、そしてその時が迫った今、このインタヴューの封印が解かれることになった次第である。


『A.ランゲ&ゾーネの工房は今、 2つのチームにわけて働くようにしています。
ウイークAとウイークB という2つのチームに分けているので、生産量は通常の50%になっています。 チームAが月曜から金曜まで働いたら、週末に社内を完全にクリーニングして、次の週からチームBの人たちが働きます。 そしてデザイナーや設計士は、主に自宅からリモートで作業をしています。 」

――思いもかけないことに、この2020年は海外渡航が制限されるという状況が起きてしまっていますが、こういう年に「タイムゾーン」を発表するということに、躊躇する気持ちなどはありませんでしたか?
『確かに海外渡航は制限されているので、おっしゃる通りだと思いますが、それでも私たちは繋がっていますよね。
実際に、移動するということは困難になっていますが、でも世界中は繋がっているし、今もこうして私たちは会話しています。私にとってこの「タイムゾーン」がすごく便利なのは、いつ誰に、どこの国の人に電話してよいかを知ることができることです。日本人のみなさんを深夜にたたき起こすということをしなくて済みます。(笑)
旅行や移動はできないですけど、時計の開発および発売のロードマップは、今回のコロナが騒ぎになるずっと何年も前から描かれています。
もちろん、今年は新作を出さないという決断もできたかもしれないですけど、でも、私たちは繋がっているんだということを、まったく違う形で再認識できた今だからこそ、逆に「タイムゾーン」を発表した意味があるのではないかと思います。』

――新しい「タイムゾーン」を作るにあたって、もっともこだわった点というのはどこですか?
『ひとつは、デイナイト表示がサブ・ダイヤルにインティグレートされていることです。前のモデルは、メインの方よりもちょっと外れた位置にデイナイト表示があって、それが自分にとっては一番気になっていたので、この点を改善できたこと。
そしてふたつめは、タイムゾーンを出して15年が経つのですけど、ランゲ1ファミリーの中では唯一、昔のランゲ1のムーブメントをベースとして搭載されているモデルなので、今回は新しくするという、ある意味での必然性があったということです。』

――新型「タイムゾーン」は新しい「グランド ランゲ1」のキャリバーをベースとしたのですか?
『ベース・ムーブメントが何かという考え方は、私たちはまったくしていなくて、確かに脱進機とテンプが薄いので、「グランド ランゲ1」の思想を取り入れてはいます・・・。機能が盛り込まれると、やはりムーブが厚くなるので、フラットな薄いものを使うのがいいと思ったんです。 そこは「グランド ランゲ1」に倣っているんですけど、なにかこう…あれをベース・ムーブメントとしてタイムゾーンに取り入れたとか、そういうわけではないです。』

――今回はイエローゴールが限定ですが、そこには何か特別な理由はありますか?
『新しい試みです(笑)。 皆さんもご存知だと思うんですが、A.ランゲ&ゾーネは、「ランゲ1」でもほかのファミリーでも、新しい基幹モデルが出ると必ず3つのカラーで出すのが当たり前のことになっていますよね。イエロー・ゴールドと、ピンク・ゴールドと、白系ではホワイト・ゴールドかプラチナです。
でも、その中でもイエローゴールドは、あまり人気がなかったんですよ。たとえば、ひとつのファミリーで3色あったら、ヨーロッパでもアメリカでもイエロー・ゴールドはあまり売れない。営業から『YGは要らないよ』って言われてしまうくらいだった。でもやっぱり、製造する側からすると、これまでの伝統を重視するというのはA.ランゲ&ゾーネの姿勢として大切なこと、大事なことなので、販売数は少ないかもしれないけど、イエローゴールドは絶対に作りたいという想いがありました。
なので、"じゃあもうYGは限定にして、最初に作ったものが出たら終わりということにすればいいのでは"と、限定になりました。』

セイコーが 「音声デジタルウオッチ」をインクルーシブデザイン

セイコーウオッチ株式会社は、視覚障害者の方に向けた音声デジタルウオッチを、インクルーシブデザイン(※註1)の考え方に基づき11年ぶりに刷新し、12月11日(金)より販売いたします。ブルガリ BVLGARI視覚障害者団体へのヒアリングを実施し、アクティブなスポーツシーンにも使いやすいモデルを新たにラインアップに加えた計3 モデルを展開します。希望小売価格は18,700 円(税込)(税抜17,000 円)です。

(※註1)インクルーシブデザイン
年齢や能力に関係なく幅広い人々のニーズを反映し、製品やサービスを考案していくデザイン手法のこと。国際的に高齢者や障害者の社会参加が進んでいる近年においては、その重要性が更に高まっています。


セイコーの視覚障害者向け時計の開発の歴史は、1939 年(昭和14 年)まで遡ります。
戦時中に負傷した軍人将校のために、開閉する蓋を設けた提時計タイプの触読時計を開発、提供しました。


音声デジタルウオッチは、ボタンを押すだけで音声が流れ、簡単に時間がわかる時計として、触読時計と並んで視覚障害者の方に多くご使用いただいています。現在時刻に加え、アラーム時刻、ストップウオッチの経過時間なども音声でお知らせし、時刻修正を行う際にも、音声で案内する機能が備わっています。

今回、音声デジタルウオッチを11 年ぶりに刷新。視覚障害者団体にヒアリングを行い、そのニーズを満たすべく、新商品を開発しました。


受賞の対象となったのは、この「セイコー 音声デジタルウオッチ」3 機種と、「wiredwena」2 機種で、これは2010 年のグッドデザイン・ロングライフデザイン賞を含めると、1996 年以来、25年連続しての受賞になります。

【審査委員による評価コメント】
視覚障害者の方へ向けた腕時計として、旧モデルが持つ問題点とユーザーニーズに真摯に向き合い、妥協なく製品化されている点に評価が集まった。 製品の特性上、価格的な制限がある製品である。
そんな条件下でも、これまで同様のメタルバンドに加え、スポーツ用のシリコンバンドも加えられるなど、同等の価格に抑えながら、ユーザーにさらなる選択の余地を生み出す努力が感じられる。その企業姿勢にも共感が集まった。今後の継続にも大いに期待したい製品である。

【担当デザイナーのコメント】
ユーザーヒアリングを通じ、ブラインドマラソンやウォーキングを趣味として楽しんでいる視覚障害者の多くが、音声デジタルウオッチを着けて運動をしていることが分かり、スポーツに適したシリコンバンドモデルの開発に至った。シリコンバンドの内側と剣先をスリット形状にすることにより、運動中のバンドのズレを防止する機能を持たせている。また、形状の異なる複数の試作機をユーザーに試していただいた結果を踏まえ、スピーキングボタンの位置を分かりやすくするため、ベゼルの4 時位置にV 字形状の溝を設けた。

タグ・ホイヤー アクアレーサー バンフォード リミテッドエディション~究極の超軽量ツールウォッチを発表

タグ・ホイヤーは、世界的にパーソナルラグジュアリーを体現し続けるバンフォード ウォッチ デパートメントと共に、自動巻きムーブメント キャリバー5を搭載した世界限定1,500本のエクスクルーシブなタイムピース「タグ・ホイヤー アクアレーサー バンフォード リミテッドエディション」を発表しました。


タグ・ホイヤーとイギリスのパーソナライゼーションハウス バンフォード ウォッチ デパートメントが2度目のコラボレーションとなる限定タイムピースをデザインしました。
「タグ・ホイヤー アクアレーサー バンフォード リミテッドエディション」は、タグホイヤー 時計 カレラチタン製で大胆なオレンジ色のディテールが特徴のプロフェッショナルツールウォッチです。


このタイムピースは、タグ・ホイヤーとバンフォード ウォッチ デパートメントがデザインへのアプローチ方法のアフィニティの高さを表しています。
2018年には、タグ・ホイヤーとジョージ・バンフォードが初めてタッグを組み、モナコの特別なタイムピースを制作し、世界中で高い評価を受けました。この待望の2度目のコラボレーションは、デザインコードに新しいひねりを加えるバンフォード ウォッチ デパートメントの才能と、リイマジネーションの精神、そしてタグ・ホイヤーの大胆なヘリテージを融合させたものです。2社が協力して、この独創的なタイムピースを作り上げました。



バンフォード ウォッチ デパートメントの創設者、ジョージ・バンフォードは
「この限定モデル“タグ・ホイヤー アクアレーサー バンフォード リミテッドエディション”をデザインする際に、タグ・ホイヤーの過去のモデルから創造的なインスピレーションを得ました。オレンジ色のデザインエレメントとスポーティなベゼルは、1979年から1994年にかけて発表されたインパクトのあるタグ・ホイヤーの製品を彷彿とさせ、2004年に正式にデビューしたアクアレーサー コレクションへの道を切り開いたものです」と、コメントしています。

MING - 27.02 発表、27.01と共に限定数発売日決定、そして名機プゾー7001ベースのムーブを搭載した27シリーズは終了へ

MING - 27.02 発表、27.01と共に限定数発売日決定、そして名機プゾー7001ベースのムーブを搭載した27シリーズは終了へ



遅れ馳せながら明けましておめでとうございます。

昨年最後のブログも、本年最初のブログもMINGとなってしまった。。このブランドについては、私が個人的に気に入っており、何度か(何度も?)WMOで紹介した。あまり日本での評判が聞こえてこないが(-_-;)、今回も紹介させていただく。というのは、これは長年の時計好きたちによって設立されたブランドであり、彼らが欲しいと思った時計を作っている。筆者も保有することにより確認したが、普通以上にいい時計であり、さらにコストパフォーマンスは抜群。デザインに好き嫌いはあると思うが、個人的には斬新で秀逸だと思っている。一番最近のユニークなダイバー18.01 H41の拙レビューもお時間があれば参照されたい。

さて、彼らのウェブサイトで、ニュースレターを申し込んだ人にはすでにお知らせが行っていると思うが、昨年売り出した27.01の最後のバッチと、併せて新作27.02発売のニュースが発表された。興味がある人全員にお知らせが行っていて、一斉に発売するというのは、極めて公平である。ここまで透明度の高い販売方法で、手に入れた人に対して「ずるい」とは言えない。とは言え、一斉発売で、販売本数が少ないので、早い者勝ちになることは確かである。そこは、今年の運試し、というところだろうか。

まずは、大事な情報として、そのメールをもらっていない人のために販売スケジュールを以下に掲載しておく。購入はウェブサイトからのみ、である。当日は ming.watch でスタンバイしておくように。
全部で27.01が150本、27.02が200本となる。そして、すでにMINGの時計を買ったことがある人は3回チャンスがあり、初めての人でも2回チャンスがある(時差があるので時間を変えて2回チャンスを用意)、ということである。前からのサポーターを大事にする態度には好感が持てる。いまや「昔からのサポーター? そんなことは今年の売り上げと関係ない」、という態度をとる大手ブランドのことが頭をかすめるが、気のせいか。。とは言え、知る人ぞ知る名機ETAというかプゾー7001をベースにしたこの27シリーズがこれで終了というのはやや寂しい。いまや、7001をかき集めるのは至難の業だったそうだ。古いムーブであるからやむを得ない決断だろう。しかし、このムーブだけでも持っている価値は十分ある、と古い人間の私は思うのである。

税抜価格は、27.01は昨年と同じ3,950スイスフラン(約46万円)、27.02は4,950スイスフラン(約58万円)。コストパフォーマンスは抜群、というのは間違いない。

さらに、今回はその運命の日はこのブログ掲載日の翌日であり、じっくりと以下のリリース概要や写真を見て考える時間がある。前回は、いきなり当日の受付開始時間に情報解禁だったので、どうにもならなかった人が多かったと思うが、今回はじっくりと考えて、翌日の「早押し大会」に備えて欲しい。1つアドバイスだが、クレジットカード決済なので、そこで「不審使用自動停止」がかからないように、あらかじめクレジットカード会社に連絡してこの日にスイスフラン建てで、「Horlogerie MING Kuala Lumpur」でいくらいくらオンライン購入をする予定であることを伝えておくといいだろう。ここで購入プロセスが詰まるとおそらく間に合わないだろう、という老婆(老爺?)心であるが(単に、日本人にもファンが増えて欲しいという気持ちであるが、MINGのウェブサイトでもそのようなアドバイスがされている)。

ユリス・ナルダン 「スパークリング フリーホイール」 煌めく美しい芸術作品~世界8本限定生産のマスターピース

第36回アメリカズカップを記念し、新機能満載のクロノグラフを発表
「シーマスター ダイバー300M アメリカズカップ クロノグラフ」


第36回アメリカズカップのオフィシャルタイムキーパーを務めるオメガは、ヨット レースに最適なタイムピースを発表します。ロレックス腕時計 価格プレッシャーの中でも卓越した精度を発揮するこのクロノグラフ ウォッチは、由緒あるセーリング大会の開催を祝福するのにぴったりなタイムピースです。

シーマスター ダイバー300M
アメリカズカップ クロノグラフ
¥1,100,000(税抜)
¥1,210,000(税込)

今回発表する「シーマスター ダイバー300M アメリカズカップ クロノグラフ」は、 クロノロック システム、クイックチェンジ ストラップ、そしてウォーターグリップ プッシャーといった新しい機能を備えています。



44mmのステンレススティール製クロノグラフには、ブルーセラミック製のダイアルとベゼルリングを備え、ベゼルリングにはホワイトエナメルでダイビングスケールが 描かれています。さらに、荒波の中で水にさらされる環境にも耐えられる よう、人間学に基づいて設計された柔らかなラバー製プッシャーを採用しました。プッシャーのカラーはスタイリッシュに際立つレッドとブルーで構成されています。



レーザーで波模様がエングレーブされたセラミックのダイアルの9時位置にはスモールセコンドが。3時位置には陽極酸化処理を施したレッド アルミニウム製の“レガッタ カウントダウン インジケーター リング”と分針を配し、その下には積算時間を表示するアワーディスクをセットしています。またインダイアルのスモールセコンドと分針は、船体のフォルムからインスピレーションを得たデザインです。中央のクロノグラフ秒針も陽極酸化処理を施したレッドアルミニウム製で、カウンターウェイトにはアメリカズカップのロゴにもなっている大会トロフィーのオールドマグがあしらわれています。

フェルディナント・ベルトゥー レギュレーター・スケルトン FB RS 実機レポートと新たなる試み

ロイヤル オークオフショア ダイバーの登場にあたり、マニュファクチュールは、革新的な交換可能ストラップシステムを導入しました。簡単で効率の良いこの新システムは、新しいタイムピースのストラップとバックルを、お客様ご自身で簡単にクリックして取り外し、交換することができます。
この新しいダイバーモデルにはグリーン、ブルー、グレー、ブラックのラバーストラップ、日常のシーンにはベージュ、ブラウン、ブラックの3つのカーフスキンレザーストラップが用意されています。



※写真はプロトタイプで、カルティエ 時計 アンティーク実際のシリアル番号はケースに入りません

発表に先立ち、プロトタイプを拝見させていただく機会を頂きましたのでレポートします。

先ずはムーブメント、キャリバーFB-T.FC-RSと実機について。
今までのレギュレーターFB1 Rではデザインの元となったマリンクロックNo.8を模して文字盤側が塞がれていました。



今回、初めてのスケルトンムーブメントにより今までで最大になるサイズの開口部が設けられ、トゥールビヨンを表と裏から余すことなく堪能することが可能となりました。


※写真はプロトタイプで、実際のシリアル番号はケースに入りません

新しいデザインのトゥールビヨンの受けによって支えられるトゥールビヨンがセンターセコンドを駆動する4番車から「ダイレクト」に駆動されている様子が分かります。
文字盤側から見るとトゥールビヨンは反時計回りに回転しており、ケースバック側から見たときに時計回りになります。
駆動用歯車と固定歯車も文字盤側にあるため、このトゥールビヨンの「正面」は本来ケースバック側であり、ケースバック側から鑑賞することを想定していたことが窺い知れます。

ブルガリを纏った山下智久さんの動画とビジュアルを公開

ブルガリ創業の地であるローマの壮麗さと美にインスパイアをされ誕生したハイジュエリーコレクション「バロッコ」をはじめ、豪華絢爛なクリエイション、色鮮やかな彩り、卓越したクラフツマンシップが際立つ至宝の数々が並ぶ美しい世界へ、ブルガリのアンバサダーである俳優・歌手の山下智久さんが誘います。



山下さんが纏ったのは、美しいムーブメントとシックなプラチナ製ケースがエレガントな「オクト フィニッシモ」とピンクゴールド製のケースに上品なブルーのラッカーダイアルが印象的な世界最薄を誇る「オクト フィニッシモ トゥールビヨン」のタイムピース、最高峰のクラフツマンシップが生み出したハイジュエリーブローチ、アイコン「ビー・ゼロワン」のイヤリング、リングでした。

絢爛たる輝きと華麗な色彩に満ち溢れた究極の美の世界をご堪能ください。

クリストフ・クラーレ 2021年新作 「ナポレオン」とカンタロスの旅

本業とクラーレ社とのカンタロスの交渉で余裕がなく、しばらくブログを書けていませんでした、なんとか良い方向に動き出したのでカンタロスの現状とクラーレの2021年新作をレポートしたいと思います。

カンタロスに関しては色々な方向性を検討しましたが、結局は「カンタロスに代わるものは無い、動くまでやろう」という事で合意(したはず)、クラーレ社の方で新しい技術担当者をアサインして現在解析を行っています。
解析の結果、いくつかの問題点が判明、それを改善したパーツを現在製作しており、私のカンタロスに組み込み、「チュードル 時計」として使う…というのをやっていくことになりました。
都合6年ぐらい続いているカンタロスの旅、まだまだこれからだ!

去年末からずっと揉めており、いろいろ言いましたが、今回のレポートはかなりちゃんとしており、クラーレ社を見直しました。
今後もレポートが来ることを祈りつつ…

さて、交渉で揉めているときに書く気が起きなかったのですが、クリストフ・クラーレの新作として2作品が発表されています。
一つはフランスの英雄、ナポレオン(ナポレオン・ボナパルト)の没後200周年を記念した「ナポレオン」で、亡くなった1821年5月5日に合わせて、5月5日に発表されました。

資料は英語しかないので意訳ブログという形で掲載いたします。



クラーレが得意とするフライングトゥールビヨンと4ゴングを備えたウェストミンスターミニッツリピーターを備えたムーブメントにリピーターメカニズムによって動くミニアチュールペイントのナポレオンと兵士のオートマタを備えた超複雑時計です。

ナポレオンの没年1821年と200年後の今年2021年、皇帝としてのナポレオン1世(Napoléon Ier)の名前が6時位置に記されています。

トゥールビヨンケージはナポレオンが制定したレジオンドヌール勲章で飾られています。
ベルトにはナポレオンのNマークが押されています。


ムーブメントはNBC98、手巻きフライングトゥールビヨン・ウェストミンスターミニッツリピーター・オートマタムーブメント。
インターベゼルにはナポレオンと想像力が世界を支配するというナポレオンの名言が記されています。

シルバーカラーのケースはクラーレがリピーターの音響に良いと考えているグレード5チタン製、加工性が悪い素材ではありますが、音響と日常的な使いやすさのために採用です。



貴金属の5Nレッドゴールド製ケースもあり、チタンとレッドゴールドそれぞれが8個のユニークピースで、ダイヤルにはそれぞれ異なるナポレオンの戦いのシーンを描いてあるとのこと。

H. モーザー 「ヘリテージ・パーペチュアルカレンダー・ミッドナイトブルー・エナメル」~洗練とエレガンスの伝統を受け継いで

H. Moser & Cie.(H. モーザー社)は、優れた職人技の賜物であるパーペチュアルカレンダーを称えるにあたって、アクセントとしてヘリテージ コレクションのクラシックなラウンド型を選択しました。そのまったく新しい色合いのグラン・フー(高温焼成)エナメル ダイアルは、有名な美しいフュメダイアルにグラデーションを取り入れています。
Heritage Perpetual Calendar Midnight Blue Enamel(ヘリテージ・パーペチュアルカレンダー・ミッドナイトブルー・エナメル)のこの技術的偉業とも言うべきダイアルをさらに際立たせているのが、サイドに施されたエングレービングとエナメル インサートで、過去と未来、そして伝統と現代をつなぐものとなっています。1920 年代初頭、精巧な技術で懐中時計から腕時計が作り上げられたことを思わせるこのモデルは、H. モーザー社の創業者あるハインリッヒ・モーザーが手掛けたビンテージ ウォッチから大きくインスピレーションを受けています。パネライ時計 ルミノール同時に、精緻なミッドナイトブルー フュメとハイエンドな自社製ムーブメントが極めて現代的な性格をもたらしています。

ヘリテージ ラインを制作する際、H. モーザー社は、1828 年から続くブランドの歴史の中でも特に 20 世紀初め頃を髣髴とさせるウォッチからインスピレーションを受けました。ヘリテージ・パーペチュアルカレンダー・ミッドナイトブルー・エナメル特有の古典主義は、ラウンド型のケースだけでなく、ノッチ付きリューズとグラン・フー(高温焼成)エナメル ダイアルにはっきりと表れており、ローマ数字とスワロー型の針がさらに活気を与えます。
この類まれな時計のあらゆる要素は、洗練されたエレガンスを醸し出すよう製作されており、細いラグと線路型の分目盛で、その伝統的な個性を強調されています。H. モーザー社において伝統とは決して退屈や古臭さを意味するものではないということを示すかのように、ヘリテージ・パーペチュアルカレンダー・ミッドナイトブルー・エナメルのクラシックなフェースで大胆な美しさを放つのはディープブルーのダイアルで、デザイン全体に命を吹き込みます。


ヘリテージ・パーペチュアルカレンダー・ミッドナイトブルー・エナメルを駆動するのは、サファイアガラスのケースバックから覗く HMC 800 ムーブメントです。シンプルで独創的なこの自社製手巻キャリバーは、月を示すインデックスを備え、前後にいつでも調整することができます。
日付は、「フラッシュ・カレンダー」システムによって深夜 0 時になると瞬時に切り替わり、30 日と 31 日の月および閏年も考慮されます。名高いモーザー ダブルストライプで装飾された HMC 800 キャリバーはデュアル・バレルを採用し、パワーリザーブは約 7 日間です。


ヘリテージ・パーペチュアルカレンダー・ミッドナイトブルー・エナメルは、多彩なカラーが揃った高級時計ラインです。伝統的でありながらタイムレスで、他のモデルとの境界を曖昧にする、一言では言い表し難いモデルです。20 個限定エディションとなっています。

Bell & Rossが新作BR 03-94 「PATROUILLE DE FRANCE」を発表~フランス航空宇宙軍により「patrouille de France(パトルイユ・ド・フランス)」の公式時計製造パートナーに選出

BR 03-94 「PATROUILLE DE FRANCE」発表~情熱が卓越性と出会うとき


この度、BELL & ROSSは、アビエーションウォッチの代表的なブランドとして、armée de l’Air et de l’Espace(フランス航空宇宙軍)により「patrouille de France(パトルイユ・ド・フランス)」の公式な時計製造パートナーに選出されました。


軍または民間のパイロットの生活は、時間によって区切られます。航空ショーでパイロットたちは時速300kmから800kmで飛行します。そして、他機との間隔はたった2〜3メートルなのです。このスピードでは、わずかなミスが致命的となる可能性があります。パイロットにとっては、1秒1秒が極めて重要なのです。時間は、完璧な安全の中で操縦するための重要な要素です。彼らの時計は、このミリメーターの時間を操縦し、習得するための不可欠なツールです。
Bell & Rossは、パイロットたちと緊密に連携をとり、彼らの任務におけるニーズに完璧に適応したクロノグラフBR 03-94 PATROUILLE DE FRANCEを開発しました。


彼らの任務遂行時には、時間の測定が決定的なパラメーターとなります。短い時間を測定するための航空航法に不可欠なツールとして、クロノグラフはアビエーションウォッチの主要な複雑機構です。時間の間隔を計測するために60分目盛りつき両方向回転ベゼルが装備されています。
これらのパイロットにとって、特に2機、4機、6機、8機で代わる隊形移行の際には「シンクロ」が基本です。彼らの安全と演技のクオリティはシンクロに左右されます。通常は8機、時には9機が一体となって時速600km以上で飛行し、6Gを超える重力加速度にさらされるため、精度は絶対条件です。彼らの時計に関しても同じです。飛行中のパイロットの最適な視認性を考慮し、文字盤のセンターに配されたクロノグラフ秒針は、最も重要な時間測定ツールとなっています。


新しいクロノグラフ・タイムピースは、ツールでありながら、象徴的なモデルです。象徴的なフランスのアクロバット飛行チームの独特のデザインを採用することにより、BR 03-94 PATROUILLE DE FRANCEは、一目見ただけで強いアイデンティティを主張します。

<グランドセイコー>より "荒野と海洋"を表現した、メカニカルGMTモデルが登場

セイコーウオッチ株式会社は、<グランドセイコー> スポーツコレクションより、GMT機能を搭載した、メカニカル2モデルを希望小売価格638,000円(税込)にて11月6日(土)より発売いたします。



《特徴》
手付かずの自然が広がる荒野をイメージしたカーキダイヤルモデルは、オレンジ色のGMT針を組み合わせ、タフな道具感を演出。大海原の色彩を深い藍色で表現したブルーダイヤルのモデルには、赤く彩られたGMT針を組み合わせ、アクティブな表情を演出。ステンレススチールの金属光沢を上品に浮かび上がらせるケースとバンドのヘアライン仕上げにより、スポーツウオッチのダイナミズムとタウンユースに相応しい落ち着きを両立しています。


GMT機能を搭載し、20気圧の日常生活用強化防水と耐久性に優れたねじロック式りゅうず、微調整可能な三つ折れバックルと、本格スポーツウオッチに相応しいスペックを備えつつ、ケース径40.5㎜の腕なじみの良いサイズに仕上げています。


●GMT機能を搭載する、9Sメカニカルムーブメント、キャリバー「9S66」


<グランドセイコー>は、1960年の誕生以来、最高峰の腕時計を目指し、正確さ、美しさ、見やすさといった腕時計の本質を高い次元で追求・実現し続け、弛まぬ進歩を重ねてきました。

本作に搭載されている9S66は、9Sメカニカルを代表する自動巻ムーブメント9S65の基本性能はそのままに、GMT機能を付加したムーブメントです。ウブロ 時計 安いGMTとは世界標準時(Greenwich Mean Time)の略称で、時針、分針、秒針の3本に加え、4本目の24時針(GMT針)によって、もう一つの時刻を表示できる機能です。

時針を現地時間、GMT針を日本時間に調整する際は、りゅうずを1段引き出した状態で、秒針を止めることなく時針だけを操作できるため、正確な分針・秒針の表示を損なうことなく時刻合わせができます。

ページ移動