記事一覧

IWC新作「パイロット・ウォッチ・クロノグラフ 41」2週間テストでわかったバンド付け替えで広がる腕時計の可能性

1936年からの歴史を持つ航空時計の名作、IWCシャフハウゼン「パイロット・ウォッチ」に新たなバリエーションが加わった。ロレックス スーパーコピー2022年新作となる「ビッグ・パイロット・ウォッチ 43」と「パイロット・ウォッチ・クロノグラフ 41」は、いずれも既存品のサイズバリエーションである。のみならず、デザイン的にも趣向が凝らされていることを見逃してはならない。さらにシースルーバックとなり、シャフハウゼンで作られた堅牢ムーブメントの動きが確認可能。軟鉄製インナーケースを止めることで強力な耐磁性能はないものの、防水性能が従来の約2倍となる10気圧防水へとスペックアップしている。このあたりは、IWCシャフハウゼンのファンの間で議論が起こりそうだが、機械式時計にとって磁気が悪影響を及ぼすことを把握し、なるべく時期の発生要因から遠ざけるようにしておくことで、防水性能の向上とシースルーバックの恩恵が受けられるわけだから、筆者としては喜ばしいことだと思っている。着用テストレポート5連ブレスレットの光沢とブルーダイアルで上品な雰囲気に肝心の試用期間中については、はっきりいって快適そのものだった。数ある自動巻きクロノグラフのなかで決して薄いわけではないが、重量バランスが計算されているのだろう。すべてのバンドで装着感が心地よく、とくにアイコニックな5連ブレスレットは自分にとっての最適なポジションがすぐに変えられるのがありがたかった。1日のうちに起きるむくみにより、帰宅したら腕時計の跡が手首にくっきりという状況はこのモデルでは起きようもない。試用期間中にブランドのプロダクトデザイナー、クリスチャン・クヌープ氏にインタビューした際に確認したら「ブレスレットは人間工学に基づいてテーパーをかけた設計になっている」と言っていた。あとで確認すると、ブレスレットでありながら装着時には手首に沿って弧を描く設計となっており、これが着け心地の良さに貢献していたようだ。驚いたのは、IWCシャフハウゼンが開発した「EasX-CHANGE」システムの簡単さと頑丈さだ。今回のテストでは、ブレスレットとカーフレザー、それに通常は別売りのラバーという3種類のバンドが私に与えられていたのだが、本当に簡単に付け替えることができ、普段はブレスレット、汗をかきそうな暑い日にはラバー、終日室内で過ごすような日はレザーという使い分けが簡単に行えた。ピンバックルまで含め非常に簡潔ではあるものの、一度着ければ落下の心配はなさそうな堅牢性が感じられた。しかもどのバンドにしても、バランスが変わらず着け心地が良好だったことは、本体自体の重心が手首側に置かれていることと、「EasX-CHANGE」システムによって固定される角度からして最適化してあるものと考えられる。ちなみに、ブレスレットのコマ詰めも簡単に行えるよう設計されているので、せっかくの機会だからとコマ調整も自分でさせていただいたがとても簡単だった。機能については、いくつかクロノグラフは所有しているが、正直に言ってほぼその機能を生活の中で使うことはない。けれども、時計好きあるあるとして、ふとしたときに操作感や針の動きを楽しむことはあって、パイロット・ウォッチ・クロノグラフ 41も同じように何気なく押して楽しんだが、押し心地と針がキビキビしておりクリック音も小気味良い。デイデイト表示がビジネスシーンで実用的であることは、触れるまでもないだろう。購入したいかどうか、と問われたら?地下鉄のホームでも映えるパイロット・ウォッチ。本音を言えば、最初は同じ最新作の「ビッグ・パイロット・ウォッチ 43」にもかなりの魅力を感じていたのだが、本当に試用期間中「パイロット・ウォッチ・クロノグラフ 41」だけで過ごしてみたら、手首周りが16cmと細い筆者でもフィット感が高く、ストレスフリーで使うことができた。シリアスな打ち合わせの場面でも休日のタウンユースでも違和感なく使えたのも大きな発見だったが、これはEasX-CHANGEシステムで簡単にバンド交換ができたことが大きく貢献している。今回借りたブルーのラバーストラップは別売りとなる今回は3種類のバンドを借りることができたので、そうした付け替えを気兼ねなく楽しめたが、実際問題としていざ購入するかどうかと問われたら…。まずブレスレットかレザーストラップかを選ぶなら、間違いなくブレスレットにするだろう。最も長く使ったこととサイズの微調整が可能なことが主な要因だが、約10万円の価格差はあとで買い足すよりも先に支払ってしまった方が精神的に良い。レザーやラバーのストラップは、自分のライフスタイルに応じて後から買い足すほうが経済的な計画も立てやすいというのもある。

ポルトギーゼ 偽物 IWC 時計 コピー ピュアークラシック IW570302


ポルトギーゼ 偽物 IWC 時計 コピー ピュアークラシック IW570302



2010年に発表されたものの音沙汰が無かった「ポルトギーゼ・ハンドワインド ピュアクラシック」が、やっと入荷致しました。



搭載するムーブメントは、ピアジェ製の薄型手巻きキャリバー。一説によるとこのキャリバーを限定数揃える事が難しく、これだけの月日が掛かったとの事です。ポルトギーゼということでケース径は42mmと大きく、それでいながら薄いケースはエレガンスを感じさせます。カテゴリーIWC ポルトギーゼ(N品)型番IW570302機械手巻き材質名ステンレスタイプメンズ文字盤色ブラック文字盤特徴アラビアケースサイズ42.0mm付属品内・外箱ギャランティー


オメガ 偽物デビル アワービジョン 431.63.41.22.02.001


オメガ 偽物デビル アワービジョン 431.63.41.22.02.001



サイズ | カラー | 素材



カテゴリオメガ デ・ビル(新品)



型番431.63.41.22.02.001



機械自動巻き



材質名ピンクゴールド



ブレス・ストラップストラップ



タイプメンズ



カラーシルバー



外装特徴シースルーバック



ケースサイズ41.0mm



機能デイデイト表示



付属品【詳細】内箱



外箱



ギャランティー



ケース側面よりサファイアガラスを通してキャリバー8611を見ることができる【デビル アワービジョン アニュアルカレンダー】。



日付調整は年にたった一度、3月1日に行うだけで済むというプチコンプリケーションモデルです。



オメガ自慢のコーアクシャル脱進機を搭載したムーブメント“キャリバー8611”は、脱進機のヒゲゼンマイにシリコン素材を採用。



シリシウムと呼ばれるこの素材は磁気の影響を受けない為、磁気を帯びたものを近付けても動作が乱れることがありません。



日常的に強い磁気が飛び交う現代の環境において、とても使い易く実用的な一本です。




【関連記事】:クリスマスのプレゼントランキング

トラックバック一覧

コメント一覧